--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/05/05

クワイエットルームにようこそ

仕事に追われ、恋人とも微妙な28歳・バツイチ・フリーライターの明日香。
ある日、目が覚めると見知らぬ部屋で拘束されていた。
そこは"クワイエットルーム”と呼ばれる、隔離された閉鎖病棟だった…

目が覚めたら、精神病院の閉鎖病棟で、5点拘束されていた。
ビールで睡眠薬を飲んで意識不明になったけど、事故であって自殺ではないのに。
なぜ自分がここにいるのか分からない現状。

取りあえず、問題なしと判断されるまでと始まった入院生活。
病棟には一見普通に見える人もいるけれど…

普通って何だろう。

自分は病気じゃないと信じていた明日香だけど、そのうち発覚する自分の自殺願望。
食欲がなかっただけと言っていた人の、本当の「食べられない」理由。

自分では普通だと思っていても、他人から見れば変わった行動をしているのかもしれない。

ストレスを感じると全身に蕁麻疹を発疹し、自殺願望のある恋人。
そんな彼女から逃げる同居人。
冷たいだろうけど、私もきっとそうしてしまう人間です。
支えられるほど強くない。

生きるってしんどい。
心の闇がたった2週間ですっかりよくなるとは思わない。
実際出戻ってる人もいる。

けれど、目をそらしていた過去の過ちと向かい合うことで、再生への一歩を踏み出した。
シリアスなテーマだし、救いがあるのか微妙。(笑いはあったけど)
でも、どこか希望があるラストでした。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。