--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/05/08

ホーンティング

キャサリン・ゼタ・ジョーンズが出てるんや~と思って見てみました。

不気味な装飾のお屋敷に集められた睡眠障害の患者4人。
その夜から怪奇現象が起こり始める…
家族でどうぞって紹介されてるだけあって、ホラーのはずなのに全く怖くない。

始まりは怪しげな屋敷、管理人の忠告、何かの気配を感じる教授の助手…とホラーらしかったのに話が進むにつれて、笑えて来る。

助手が怪我したので車で病院に行って、あっさり一人退場。
えらくはっきり見える幽霊達。
襲ってるのにあんまり怪我はさせない屋敷の元主の悪霊。
(後に一人首持ってかれちゃいましたが)

ラストは主人公が元主の子孫だということを思い出し、悪霊と戦って地獄へ。
そして自分は捕らえられていた子供達の霊と一緒に天国へ。

登場人物は怖がってるように見えないし、映像も怖くないしでホラーとしては全く面白くなかったけど、どんなオチか気になって最後まで見てしまった。

お金出して見るのはもったいない。
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« TRUTH | HOME | 交渉人 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。