--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/05/07

交渉人

「交渉人 真下正義」の宣伝かねての放送かなぁと思ってたら、やっぱそうでした。

横領と同僚の殺人の罪を着せられたネゴシエーターが、無実を証明するために人質をとって立て篭もる。
その交渉相手に他地区のNo.1ネゴシエーターを指名し真犯人を突き止めようとする…
ケビン・スペイシーがかっこいい。
「アメリカン・ビューティー」のさえないおやじと同一人物とは思えない感じ。

テレビ版は結構カットされてたみたいで、そもそもの問題の横領と同僚の殺人までの展開が早い。
ケビン・スペイシーが現場に到着するまでの様子とか、サミュエル・L・ジャクソンの奥さんが説得するシーンとかなくなってたし。

でも交渉人同士のやり取りとか、指揮系統が乱れて混乱する現場の様子とか、だんだん真相に近づいくドキドキ感はやっぱ面白い。

何も考えずに楽しめる映画だな。
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。