--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/04/02

マイ・ブルーベリー・ナイツ

恋人の心変わりで失恋したエリザベス。
傷心の彼女を慰めてくれたのは、元恋人の行きつけのカフェのオーナーと、甘酸っぱいブルーベリーパイだった。
恋人への思いが断ち切れないエリザベスは、ある時旅に出る…

女性誌でピックアップされそうな、お洒落な映画でした。
なんか高級ブランドの広告のようなイメージ。
登場人物は身近にいてもおかしくないんだけど、撮り方一つで綺麗になるというか。

ウォン・カーウァイの映画は意味不明なことが多いんだけど、今回は分かりやすかったです。
というか、出会いと別れと成長と、まさにロードムービー。
感動はありませんが。

ポスターにもなってるラストが可愛らしかったです。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。