--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/02/26

KIDS

孤独ですさんだ生活を送るタケオは、街にやってきたばかりの少年・アサトと出会う。
手を触れずに物を動かすという、不思議な能力を使うアサト。
チンピラに絡まれたアサトを助けたタケオは手に傷を負う。しかし、アサトが手を取ると彼に傷が移り…

同じような設定の小説を読んだことがありました。
能力のせいで人を傷つけてしまったため、自らを傷つけることで罰している少女。
望まず母を傷つけた過去を持つアサトも同じ気持ちだったのか。

非常に整ったお顔の主役2人なので、アイドル映画になるかと思いきや、結構見せてくれました。
欲を言えば、もうちょっと若ければな。
原作は知りませんが、是非10代に。
友達がいるじゃないかと叫ぶには、玉木ではとうが立っているかと。(玉木は好きなんだけど)
20代も半ばを過ぎて、あれはちと恥ずかしい。
タイトルも「KIDS」なのに…。

そういやシホさん、口を隠してたけど、1日一緒に遊んでて食事はどうしたんだろう…と気になってしまいましたw
映画(劇場) | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
それくらい子供の方がしっくりくるねぇ。
まぁ全然知らない子役2人とかが主役やってたら、見に行ったか分からないけど(笑)
結構怪我とかも多くて汚れてたのに、ほんとキラキラしてましたなぁ。
私も見てきた~。
原作既読です。
つか、原作では主人公二人とも小学生。。。

可愛い映画でしたねぇ^^
ホント、主人公ふたりがキラキラしてたので
それだけで充分元が取れた気がします(笑)

確かに(笑)
あの2人が並んでたら、並みの女優さんじゃ負けちゃうくらい華があるよねぇ。
『非常に整ったお顔の主役2人』!
いろいろ気にはなるけど、↑これだけで充分見た価値あった(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。