--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/02/22

ブレイブストーリー

平凡な小学5年生のワタル。
いつもと同じ1日だと思っていたある日、父親が家出し母親が自殺未遂をおこす。
運命を変えたいと願うワタルは、転校生のミツルに教えてもらった、どんな願いも1つだけ叶えてくれるという世界に飛び込む…

昨日、今日、明日。
ずっと同じ1日が続くはずだったのに、いきなり父が出て行き、母が倒れる。
結構ハードな始まりです。
子供向け、可愛らしい絵という印象だったので驚かされました。

散々CMが流れていたので、何となく内容は知っていたけど、ファンタジーの難しさというか。
ハイランダーとかいきなり言われても、なんのことだか分からない。
まぁ正義を行う戦士なんでしょうね。
声優も豪華だし、大泉洋なんてよかったのに、ヴィジョンのキャラクターを掴むには慌しい流れでした。
原作を読んだら面白そう。宮部さんだし。

中でもミツルが一番謎です。
予告だけ見ていたら、絶対現世の人間とは違うと思ってました。

ワタルも勇者の剣が勝手に戦ってくれてたという印象でしたが、魔法使いも能力に合わせて杖が知識を教えてくれるんでしょうか。
ヴィジョンに行ったら、成功するまで戻れないって言ってたよね?
けど、ミツルは現実世界で魔法使ってたよ?
どうなってるんだ?

嫌なことがあるからって、その度に誰かに運命を変えてくれと願うわけにはいかない。
それを受け入れ、自分で未来を築いていく力を持つ。
メッセージは好きだな。

最後、現実世界でミツルやその妹に会えるあたり、子供も楽しめるハッピーエンドだなぁと。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。