--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/01/16

エンジェル

20世紀初頭のイギリス。
田舎町で食料品店を営む母親と暮らしていたエンジェルは、類い稀な想像力と文才で一気に人気作家への道を駆け上る。
幼い頃から憧れていたパラダイス・ハウスを買い取り、贅沢な毎日を過ごしていたある日、画家エスメと恋に落ちるが…

夢を追い求めて、一見全てを手にしたけれど、本当に彼女を愛していたのはノラだけではないのか。
自分自身を偽らず、本当の姿を見せて、見ることができていれば、ささやかでも幸せに暮らせたかもしれない。
けれど、自分をもだますような想像力や夢があったからこその成功なんでしょう。

発行人の妻の台詞。
「好きじゃないけど、たいしたものだとは思う」っていうのには納得。

ただ、理想の恋人を求められた旦那さんは哀れだな。
しかも恋人には捨てられ、妻の世話にならないと生きていけないような状況じゃ…。
まぁ、どっちもどっちか。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。