--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/01/16

空中庭園

「何事も包み隠さず、タブーを作らず、できるだけ全てのことを分かち合う」
それが、幸せな家庭であり続けようとする、絵里子の決めた京橋家のルール。
しかし、本当は家族それぞれが秘密をかかえていた…

最初はよく分からない映画だと思いました。
瑛太の登場とか特に意味不明だし。

他人から見れば学芸会だと言われようと、表面上でも幸せな家族なら幸せになれる。
そう信じて必死でつなぎ止めていた家族像が、夫の浮気発覚を契機に壊れていく。

だんだん壊れていく小泉今日子が恐いです。
母に向かって、「死んじゃえば」と言うとことか(「死ね」って連発してるし)、ろうそく立てすぎのケーキを運んでるとことか。
その辺からちょっと目が離せなくなりました。

ベランダで真っ赤に濡れて叫ぶシーンは、いったい何かと思いましたが、ちゃんと事前に説明してました。
泣きながら、しかも血まみれで産まれて来る赤ちゃん。
再生の物語なんですね。

壊れそうでいて、口にはしない愛情でつながっている。
問題がないわけじゃないけど、ちゃんと心配してるし、気にしてる。
なんか“家族”だなぁとおもわされるラストでした。

好き嫌いは分かれそうだけど、インパクトはある映画です。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。