--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/12/12

転々

天涯孤独で自堕落な生活を送る、大学8回生の文哉。
いつの間にか作った借金84万円の返済期限が3日後に迫ったある日、福原という借金取りの男がやってきた。
彼は「東京散歩」に付き合えば100万円をくれると言うのだが…

「時効警察」見てましたからw

三日月が出てたり、小泉今日子が働く店が「時効」だったり。
時効ファンサービスが盛り込まれてます。
スーパーの3人さんとかまんまなノリだったし。

この映画もまた、妙なテンポです。
意味不明な、爆笑ではなく、ニヤリとしちゃう笑いが沢山。
いきなり知らないオッサンの靴下口に突っ込まれるのは、かなりきついだろうな。

存在だけで笑わせる石原良純。
服もダサいよ。
岸辺一徳は、街中で見かけたらいいことある気がしてきた。
(会わないけど)

予告見てる時は、福原さんと実は親子っていう話かと思ってたけど、歩いているうちに擬似親子体験する話でした。
ジェットコースターとか、布団隣に並べて「親父」って呼んで照れたりとか、なんか暖かい。
妻殺しで、自首するために警察に行く話しなのに、なぜかほんわかする映画でした。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。