--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/10/22

ザ・シューター 極大射程

元海兵隊の名狙撃手、スワガー。
観測手であった友人を失い、軍を退いて山奥で暮らしていた彼の元に、退役したジョンソン大佐がやってきた。
大佐は、狙撃手としての経験を生かし、大統領暗殺の阻止を手伝って欲しいと言うのだが…

DVDが間違って届いたので、せっかくだし見てみることに。

アクションは劇場に行く気はなく、TV放映で楽しめるくらいならいいので、まぁ十分かと。
記憶には残らなくても2時間退屈にもならなかったです。

ただラストが。
巨大権力に守られた敵を、個人で倒すことが無理だったとしても。
最後が1人乗り込んで殺して終わりというのがなんだかなぁ。
それなら有り得ないと分かっていても、悪事が暴かれ逮捕という方が気持ち良い終わり方なのに。

あと、大佐の「息子」発言が意味不明。
もっとちゃんと見れてば分かったのかもしれないけど。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。