--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/04/24

アマデウス

最近とあるクラシック漫画にはまってまして。
思わずDVD買ってしまいました。

この映画、なんでジャケットアニメ風なんだろう?

自殺を図り、精神病院に運ばれた老人・サリエリ。
彼は宮廷音楽家として皇帝に仕え、一人の天才に出会った過去を話しだす…
モーツァルトとサリエリ。天才を前にした凡人の苦悩と憧れを描いた
有名な話。

真面目で努力家で信仰心も厚く生きてるのに、下品で傍若無人な若造が
自分には作れない完璧な音楽を作ってしまう。
その才能に嫉妬しつつも、愛しくてならない…。

神の存在を否定するシーン。
圧力かけて上演できなくしたくせに、自分だけが彼の才能を理解できると全てのオペラに足を運ぶ様子。
レクイエムの代筆中の興奮した表情。

挙げたらきりがないくらい、印象的なシーンがたくさんです。
ほんとにこういう人生送ってたんじゃないかと思わされてしまう。

最近トリビアなんかでもモーツァルトのスカトロ好きは取り上げれたので驚きはしなかったけど、ちゃんと描かれてましたね~。
あの高笑いとか、お下品な振る舞いとか。
指揮も運動してるみたいな振りでちょっと笑える。

音楽もモーツァルトの曲がうまく使われてるなぁ。
しょっぱなの「交響曲25番ト短調より第1楽章」
クラシックに詳しくない私でも聴いたことのある有名な曲。
インパクトあるしなんだか引き込まれる。

パナップのCMで使われていた曲もオペラで歌われていたので
翌日頭の中は

pa pa n pa, pa pa n pa ,pa pa pa pa,pa pa pa pa ぱなっぷ

ってぐーるぐる。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。