--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/03/07

国連加盟50周年記念 京響コンサート

パンフレットの冒頭に、見たことある名前が…と思っていたら、西本願寺の門主様の挨拶から始まったコンサートです。

まずは、チャイコフスキーの「エウゲニー=オネーギン」より“ポロネーズ”
登場したコンマスさんが大きくてびっくり。
バイオリンちっちゃい。
しかも指揮者の竹本泰蔵さんが小柄な方だったので、余計大きく見えました。
そういえば、指揮者さん、遠目に渡辺いっけいさんに似てる気がする。
なんて考えているうちに、小品だし終わっちゃいましたw

次は本日のお目当て、一度は生で聴いてみたかったチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。
ピアニストは小山実稚恵さん。

しょっぱなの金管がちょっと迫力不足な感じで残念だったけど、ピアノはすごく力強かったです。
指揮者さんか京響さんか、どちらか分かりませんが、激しい曲より穏やかな曲の方が得意なのかな?

かっこよく1楽章が終わった途端…

またも携帯が!

可愛らしい電子音が流れ、会場の意識はそっちに。
その途端、病院の待合よりも激しい咳。
なぜ楽章間って皆咳するんだろう。
演奏者さんも集中力途切れて大変だろうなぁ。

2楽章の朗らかな感じも好き。
そういう時は、すっごく優しい表情で弾いてらっしゃいます。
3楽章はテンポも音も激しくて、椅子から立ち上がって弾く力強さも圧倒されました。
ラストに向かって、ほんとドキドキ。
やっぱいい曲だなぁ。

最後は、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」
夏にも聴いた曲です。
でも、1階席舞台近くで聴くと、また違う感じですね。
2楽章のメロディを、イングリッシュホルン?からヴァイオリンに受け継ぐとことか聴き惚れました。
ヴァイオリン3台でメロディを弾いてたんだけど、あれはいつもなのか、たまたまなのか…?
前に聴いた時は気づかなかったけど、CD聴いててもわかんないんです。

このまま終わりかと思いきや、アンコールも演奏してくれました。
曲はバッハの「G線上のアリア」
携帯の着メロでは聴いたことがあっても、オケでは初めてかも。
やっぱゆっくりした曲の方が素敵。

近くの席もいいなぁと思った、楽しいコンサートでした。
音楽 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
>まさとさん
コメントありがとうございます。
クラシックはほんの少し聴くようになった程度で、ほんと素人の感想でお恥ずかしいのですが…(*_*;

HP覗かせていただきました。
遠いところからすごいですね。
また近場の情報などチェックさせてもらいたいと思います。
はじめまして♪

私は小山実稚恵さんのファンサイトを運営しているものです。
京都でのチャイコも素晴らしかった様ですね!
私も行きましたがとても素敵なコンサートでしたね。
ファンサイトへも遊びにいらしてください。
今後とも、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

http://www.geocities.jp/michiekoyama_fan/

>三条さん
チャイコはほんとすごかった。
今回は表情がばっちり見える席だったけど、手元が見える席にしても面白いだろうなぁ。
交響曲第5番とか、生で聴いて惚れました。やっぱ迫力が違うし、どの楽器が演奏してるかとかメロディの流れとか目でも楽しめるし。

今の時期、花粉症の人が口呼吸してて苦しいのかなぁ。

>chaguちゃん(だよね?)
一緒に行指揮みたく動いてたよね。
チャイコのラストは、ほんと自然に出た拍手って感じだったなぁ。
G線上のアリアも良かった~。
こうしてクラシックにはまっていきましょうw
初めて自主的に行ったコンサート。
しかも、クラシックなんて超ド素人だし…;
でも、とても素敵でした。
皆さんすごく真剣に集中して演奏されているんだろうけど
それよりもまさに!「音を楽しむ」という雰囲気を感じました。

オケを近くで観るのって、独特の楽しめ方があるよねー^^
チャイコのピアノコンチェルト、聴きたかったぁ。
ぎゅーっと引き込まれそう^^
ドボルザークもかっこ良い感じですね(*^^*)
CDと演奏会の生の魅力はやっぱ全然違うんやろーね。凄そう♪

っていうか、楽章の間の咳って、ホント気になるよね‥;
ケータイは言語道断だけど、咳ももうちょっと
ハンカチで覆うとか、飴ちゃんで喉をなだめるとか‥
いろいろ対策とれそーなのにねぇ(困)

管理者のみに表示
« 長州ファイブ | HOME | 墨攻 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。