--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/02/15

ディパーテッド

犯罪者の多い家系に生まれたが、優秀な成績で警察学校を卒業したビリーは、マフィアへの極秘潜入調査を命じられる。
一方、マフィアのボス・コステロに可愛がられ育ったコリンは、内通者となるべく警察官になる。
正体を偽り生きる2人だが、互いの組織に内通者の存在が知られ…

インファナル・アフェアのリメイクです。
オリジナルは見たことあるのに、ほとんど覚えてませんでした。
エレベーターに死体が挟まって、ドアが開いたり閉じたりしてる映像には見覚えある気がするくらい。

この映画では、潜入の始まりから時系列通り描いているので、オリジナルより流れが分かりやすかったけど…

長い。

互いの潜入者を探すやり取りの緊迫感があまり感じられなくて、だらだら続いているように感じました。
麻薬取引現場への突入からラストまでのテンポは良かったので、ずっとあの展開の早さでも良かったかも。

今回は2人が主役というよりも、ディカプリオ寄りなのかな。
マット・デイモンは、保身のためにしか動いていない悪役のように見えました。
最後に殺されても、あっけなさしか感じない。
アンディ・ラウは死んじゃったんだっけ?

最後はバタバタ死んでいき“そして誰もいなくなった”という感想。
そして…長時間座っていて疲れたのか、エンドロールを最後までも見た人も(ほとんど)いなかった。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。