--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/12/04

東京ゴッドファーザーズ

東京で暮らす3人のホームレス、ギン、ハナ、ミユキ。
3人はクリスマスの夜、ごみの山から赤ん坊を発見する。
清子と名づけた赤ん坊の親探しに行くことにしたのだが…

「パプリカ」を見る前に、今敏監督のアニメがどんなものなのかと思って見てみました。

最初は、絵の美しさに感心しました。
ジブリとはまた違った綺麗さです。
実写かと見紛う程リアルなのに、やっぱり実写ではない感じ。

クリスマスにやってきた清子は“神様の使い”だから、出会ってから良いこと尽くし。
話が進むにつれ、清子を拾ったホームレス3人の問題や、清子を捨てた夫婦の問題も良い方向に向かいます。

でもそんな都合良過ぎる展開も、テンポがいいので面白い。
ラストに向かってどんどん引き込まれました。

そして人情味溢れる一面も。

言いたいこと言い合って、自分の悪いとこも全て見せ合って、それでも一緒にいられるのが家族。
誰かの代わりの命なんてない。
年末の話なだけに、ほろりとさせるじゃないですか。

そういえば、ゴットファーザーと聞くと、マフィア?って思ってしまいますが、名付け親っていうことなんですね。
映画(TV放映) | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
サチコが赤ん坊とか発見すればよかった?
きのう千寿で、発見したよ♪
千寿と発見した。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。