--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/10/02

隠し剣 鬼の爪

幕末、海坂藩の下級武士・片桐宗蔵は、母と妹、女中のきえと共に暮らしていた。
時が過ぎ、妹ときえは嫁ぎ、母を亡くし1人で暮らしていた宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受け、寝込んでいることを知る…

必殺仕事人。
隠し剣ってそのまんまのネーミング!?と驚きました。

前作「たそがれ清兵衛」を見たのは、そんなに昔ではないのに、ストーリーを覚えてません。
今回も同じことになりそうです。
維新志士や新撰組のような派手さはないけど、下級武士を通して時代の変化を見ることができます。
丁寧に作っているし、役者さんの演技も上手いなぁと思うんですけどね。

田中泯さんに驚きました。
ヒミコと同一人物には見えない。ちゃんとおじさんです。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
きえと、酷い妹ときえを扱いすればよかった?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。