--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/10/01

ジャンプ!ボーイズ

舞台は、台湾の地方都市。
幼稚園から小学2年生までの7人の少年が、熱血コーチの指導の下、体操の練習に励む姿を追ったドキュメンタリー。
子供の写真が可愛かったので見に行くことに決めた映画。
ドキュメンタリー映画といよりも、ちょっと立派なホームビデオに近い感じです。
子供たちとの距離が近いというか、多分普段の姿をそのままなんだろうな。

まず、子供たちの身体の柔らかさに驚き、くるくる回る様子に驚きます。
7人もいるので、誰が誰か分からなくなってきますが、皆頑張っている。

親や学校の先生も理解があります。
怪我だらけで、あんなに大変そうな練習見ていたら、やめろと言いたくなるだろうなぁ。

コーチの厳しい叱責にも、涙をこらえて、あるいは涙をこぼしながらも必死で練習する。
励ましあい、悔しがる様子は、小さいからって侮れないです。
コーチも厳しいけど、あれだけ皆なついてるってことは、本当に可愛がっているからなんでしょうね。

見てると元気になるっていうのが分かります。
彼らがオリンピックに出てきたら、応援しそうだ。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。