--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/27

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱

医学会に出席するため、広州に出かけた黄飛鴻たち。
そこでは、外国人を排斥しようとする白蓮教が広まっていた。
彼らの狼藉に怒りを覚えた黄飛鴻は、教団の神殿に乗り込む…

シリーズ2作目です。

シリーズ最高と言われるだけあって、前作よりもすっきりしたストーリーで分かりやすいです。
はしごに変わって、棒やら机やら使ってのアクションも見ごたえアリで、戦い終わり、新たな敵との戦いとなっても疲れませんでした。

相変わらず、イーさんはトラブルメーカーというか、ヒロインの役割を果たしているというか…。
面倒起こして助けられる、綺麗な人です。

ウォン師匠、ちょっとキャラ変わってるような…。
知ったかぶりしたり、嫉妬深かったり、前作では見れなかった一面です。

今回は旅先だったので、弟子はフーだけだったけど、他の弟子達も個性豊かで面白かったので、また見たいなぁ。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
広州で白蓮とか広まっていた
狼藉を排斥したかった。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。