--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/25

タッチ

双子の兄弟・達也と和也、隣に住む南は幼馴染。
南を甲子園に連れて行くため、野球に打ち込む和也。
一方何をやっても長続きしない、落ちこぼれの達也。
3人の微妙な関係は…

タッチ・ダイジェスト版。
2時間にまとめるんだから、かなり展開に無理があってもしょうがないもの。
でも、これもまた映画見ただけの人はついていけないんじゃないでしょうか。(大体の内容はほとんどの人が知ってるだろうけど)

展開の早さゆえ、かっちゃんがあまりにも良いとこなしで終わってしまいました。
そして、演じる双子がほんとに似てるから、どっちがどっちだか分からないままにいなくなってしまいました。

たっちゃんが野球始めるまでと、野球を始めてから野球部に受け入れられるまでの描写がいまいち。
弟亡くしたばかりの人間に、お金をかけてボール投げろとは言わないでしょう。
上杉和也の兄というだけでいきなりピッチャー、クラブさぼってたのに突然復帰しても快く受け入れる、という変な展開に。

まぁ野球を除いたら、爽やかな青春モノでした。
南も容姿端麗・文武両道っていうより、普通の高校生って感じで。

原田君が結構良かったです。
元々アニメでも感情の起伏がないしゃべりかただったけど、棒読みなんだかわざとなんだか分からない感じで合ってました。

こう中途半端に見せられると、どんな話だったか知りたくなります。
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。