--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/12

ラブ★コン

背が高いせいで振られた経験を持つ小泉リサと、背が低いせいで振られた経験を持つ大谷敦士は「オール阪神巨人」と呼ばれるくらい息の合う2人。
大谷が気になるリサだが、身長コンプレックスゆえに打ち明けられず…

タダ券があったので、見てきました。

原作全く知らなかったので、「キュン死」って何だ?状態だったんだけど、これが結構面白い。

何よりも小池徹平君が可愛い。

台詞が書いてあったり、登場人物の心理を説明したりと、漫画ちっくというかバラエティちっくな作りでした。
主人公の表情も、北陽のあぶちゃんに似てる気がするし。

若手俳優はほとんど知らなかったけど、意外な人が結構登場してました。
名前がぱっと出るほどじゃないけど、この人知ってる!くらいの人が。
温水さんとか。
お約束でべたな笑いを挟んで、恋愛話だけにならないようにと頑張ってくれてます。(と説明してます)

嫌われ松子の時にも思ったけど、谷原章介さんは変な王子様キャラが似合いますねぇ。
「よろしQUEEN」って…(しかも振りつき)

ムツゴロウさんとしずちゃんは、1回だけの登場の方がインパクトあった気がする。
全てのべたな笑いを繰り返されてもだれるし。

ラスト、多分感動シーン(そして小池徹平君ファンへのサービスシーン)で、健やかな寝息をたててる人がいて、笑いをこらえるのに必死でした。
少年漫画だったら、「諦めたらそこで試合終了ですよ」と来るシーンだったんですけどね。

話自体は少女漫画の王道って感じで、特に目新しいわけではないけど、作りは面白いです。
ジュディマリやプリプリの曲が挿入歌として使われてるのも懐かしくて嬉しかった。
「夏祭り」がいい使われ方をしていたのに比べ、大好きだったリンドバーグはちょっと悲しい(ある種おいしい)使われ方で残念だったけど。

帰り、原作がどんなのか気になって、古本屋のぞいちゃいました。
でも人気があるのか、1冊も置いてなかった。残念。
映画(劇場) | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
>chaguちゃん
くしゃみ可愛かったねぇ。
チケットゲットの表情も。
温水さんの服が、ポロシャツみたいなのにネクタイなのが妙に気になりました。
結構小ネタ仕込んでるよねw


>三条さん
原作知ってる人からすればどうなんやろうなぁ。
取りあえず、いじってはいるんだろうけど、映像として面白く見せてくれてると思う。

ほんと漫画原作多いよね…。
売れてる本を映像化っていうのは楽なんだろうけど。
自分の中のイメージと外れちゃうと嫌だよねぇ。
ラブ☆コン、原作わりと好きなんだけど、
映画化の話を聞いたとき
「小池くんばっちり!!」って思った~。
あと谷原さんもばっちり!!
実写で見たらキュン死に確実やろうなーと思いつつ
多分見ない‥(やっぱり/笑)

それにしても、昨今、漫画の実写化多すぎね‥。
のだめちゃんも、ヤマトナデシコ七変化も。。。
オリジナルストーリーを作れる作家さんが
減っているのかしら???
あぶちゃん!!(笑)
やっぱり似てたよね~。

それにしても徹平くんはかわいかった~
キラキラしてて、あのくしゃみしそうになってるところとか、好きでした☆
温水さんのかつらネタ、サイコー!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。