--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/07/26

ハチミツとクローバー

美大に通い、同じボロアパートで暮らす竹本、真山、森田。
ある日、竹本と真山は大学の教師・花本の親戚のはぐみに出会う。
その時真山は、人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった…

原作既読です。

実写ではぐの役は難しいんじゃないかと思ってたけど、違和感無く演じてました。
真山のストーカーぶりがさらにパワーアップしててやばかったです。
デザイン事務所の濃い兄弟や猫みたいな着ぐるみが出てくるわりに、森田さんは普通の人でした。
ってか、普通にイメージする才能ある芸術家タイプ。

ギャグよりも、恋愛モノとして丁寧に作られた感じです。
1本の映画として見たら、まとまっていたんじゃないでしょうか。
ちょっと唐突な気がしないでもなかったけど、原作読者の好きなシーン、破綻無く詰め込みましたって感じで。

この漫画を読んだ時、あぁなんとなく分かるなぁと思うシーンが結構ありました。
好きな人と一緒だと緊張してご飯(お茶してたんだったか?)食べられないとか、
自分の好きな人には好きな人がいて、どうやってあきらめたらいいのか分からないとか。

でも、私の中で1番のツボは竹本君の“自分探し”
別に自分探しをしたわけではないのですが、就職決まらなくて、何がしたいのかもわからなくって、自分は誰からも必要とされてないような、そんなぐちゃぐちゃな状態に感情移入してしまいました。

映画では、はぐのために何もできないと逃げて、そのわりに一晩で戻ってきて、かなり残念。
中村獅堂の登場には驚きましたが。(あ、田辺誠一も)
あのシーンは自分の生きる道を持ってる人達の中で、一人何も持たない自分に焦るからいいのに。
ついでに一晩で帰ってきちゃったら、単なるサイクリングだ…。

ですがスピッツの主題歌が流れ出し、爽やかに終わりました。

そういえば、ちょっと電波な黒猫は一体なんだったんだろう???
映画(劇場) | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
半年だったのかぁ。
竹本君の自分探しの話じゃないんだから、数ヶ月も旅させてられないよねぇ。

漫画通しで読んでも、そんなに時間経ってる気がしないから、4年ということにびっくりだ。
森田さんもう三十路前!?
確かに自分探しの旅はちょっと短かったけど、
原作では4年分の物語を
映画は半年で描いているんだから、
まぁ距離的にもあのくらいで妥当なのでは。。と
思ってみたり。

夏休み中にもいっかい見にいく予定です。
いまはスピッツ聴きまくり。青春だー。
ちょうど今1巻から読み返し中。
森田さんはかなり変人度薄れてるよね。
修ちゃんのはぐラブラブ度も。
原作のポエムの部分だけ抜き取ったような感じなのかな。

竹本君の旅が、あんなにあっさり終わらなければなぁ。←まだ言ってるw
見てきました~。
森田さん、めちゃかっこ良くってびっくり!!
花本センセに懐いてるところが好きでした^^
真山マジストーカーだね‥(笑)あれじゃ犯罪だよ。。
田辺誠一さんはエンドロールで名前見るまで
本物かどうか自信持てなかった‥。

良い意味で淡々とした映画で、ゆったり楽しめた感じでした。
今年はこれまで「鷺娘」とか「死者の書」とか、
そんな映画ばっかり見てたので、
ひさびさラブストーリー、爽やかでした~☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。