--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/07/10

夏のコンサート

土曜日、会社の先輩が出ているコンサートに行ってきました。
第九と同じく、京響さんと競演する合唱付クラシックコンサートです。
といっても、今回は2000年に作曲された曲でしたが。

まずは、京響によるベートーヴェンの交響曲第6番「田園」
多分持ってるCDに入ってますが、あんまりちゃんと聞いていませんでした。
楽章ごとに「小川のほとり」とか、「雷とあらし」とか名前がついていて、それを思わせる音楽。
カッコウの鳴き声とか入ってるし、なんとものどかです。

結構木管楽器のソロも多いです。
けれど、トランペットやトロンボーンは全く出番のない楽章もありました。
端に座っていたトランペットさんが、ずーっと下を向いているのに、時々思い出したように顔を上げるので、寝てたんじゃないかと気になって、気になって。
もちろん曲も聴いてますけど。

そして、先輩登場。
交響的カンタータ「創世記」
海の誕生からいのちの終焉までを歌っています。
ちょっと抽象的な歌詞だったので、学生の時解釈をしたりしてたのを思い出しました。

マリンバ・グロッケン・スネア・銅鑼・シンバル等々たくさんのパーカッション。2台のピアノ。そしてハープ。
静かだったり、激しかったり、かっこいい曲でした。

今年の年末の第九は西本智実さんが振るらしいです。
また聴きに行かねば。
音楽 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
きょうは解釈したかも。
三条さん…。
私がレミゼに誘った時には「付き合ってくれる」感じだったのに、めちゃはまってるなぁw

合唱付のって歌いたい気もするけど、たいてい外国語なんだよね…。
第九は一度歌ってみたいけど、仕事がどうしても休めなさそうなので無理でした。

この夏は三大交響曲の夕べというコンサートにも行ってくるよん。
予習のためにCD借りました。
クラシックコンサート良いね~。
最近芝居三昧なので、ちょっとクラシック鑑賞もしたいなぁ。
合唱付きだとつい歌いたくなりませんか?

ところで、来年もレ・ミゼラブルの公演があるそうで、
先日主要キャストが発表になりました。
み・た・い!!
でも東京と九州しか無いらしい。
プリーズ関西~。せめて名古屋~。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。