--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/06/29

DEATH NOTE 前編

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ

退屈した死神が落とした一冊のノートを拾ったのは、退屈した一人の天才・夜神月(ライト)
“DEATH NOTE”と書かれたそのノートには、人の死を決定付ける力があった。
犯罪の無い理想の世界を作るべく、月は裁きを下し始める…

単行本発売分は既読です。
映画公開前に借りてみたら、面白くて映画も見たくなってしまいました。

単行本3巻くらいまでしか進まず、わりとゆっくりな展開です。
お陰で筋を知っている分、原作との違いを探してしまったり。

外出先で周りを気にせずリュークと話すライトは、冷静沈着な天才に見えにくい。
Lは結構それっぽい。でも、登場シーンは顔白過ぎ。
お菓子を串刺しにするシーンなんかは好きです。
南空ナオミさんは、どうしてずっと上下皮を着ているのか。
お父さんと松田さん以外の警察官の区別がつかない…。
なのに長官は白スカーフも眩しく存在感あります。
前半に多いその他大勢の人の台詞がデビルマン並の棒読み。
ミサの声はもうちょっと高い方がよかったなぁ。

等々。

ちなみに一緒に行った後輩は、FBI捜査官(細川茂樹)が仮面ライダーに見えてしょうがなかったらしいです。
真の正義の味方だ…。

中盤はちょっとだれて眠くなったけど、映画オリジナルの展開になると結構楽しめました。
原作は台詞もモノローグも多いので、裏の裏まで読むような心理戦を楽しめます。
でも、映画で台詞ばっかりでも理解できないもんなぁ。
映像で表すのって難しいでしょうね。

後編はほぼオリジナルになるんでしょうか。
見に行くかはちょっと微妙。
映画(劇場) | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
ネットで
犯罪やライトを

退屈したかったの♪


そんなひどい出来でもなかったんやけどね。
後編は面白いという評判でも聞かなかったら行かないかも…くらい。

藤原君、さすがに舞台のような色気はないです。ついでにちょっと字がヘタ(笑)
でも演技は上手い。

まぁ、鷺娘見る方が楽しめるだろうねw
千寿ちゃんが微妙というなら見るのやめておこう。。。
原作に思い入れあるし、藤原くんは好きだけど
それだけじゃちょっとねー‥。

明日、シネマ歌舞伎の鷺娘見てきます☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。