--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/06/14

花よりもなほ

徳川5代将軍綱吉の時代。松の廊下で浅野内匠頭が吉良上野介を斬った1年後のこと。
松本の若侍・青木宗左衛門は、父の仇討ちのため江戸の貧乏長屋で暮らしていた。
剣は弱く、逃げ足だけは速い宗左に父の仇は討てるのか…

着物がちゃんと小汚いのが良かったです。
黒澤作品までとは言わなくても、綺麗な着物着てると違和感ありますからね。
それでも、宮沢りえの襟元はぴしっと決まっております。
この人はなんて違和感無くたすき掛けをするんだろう…。美しい。

脇を固めるお笑いや舞台の人たち、味があって良かったです。
千原兄弟の兄の方なんて、本業でほとんど見たことないなぁ。
キム兄はすごい存在感あるし、古田新太はさすがの口上でした。

憎しみの連鎖を断ち切るというか、武士道に殉じて人を殺すよりも、今生きている人の幸せを守る方を選らぶ。
しなやかでしたたかな強さとか、いいテーマを描いてるんです。

でも、深刻に悩んで暗くなるより、笑わせてくれるし、さらっとしてます。
そういうメッセージを強く押し出すよりも、人の日常を描いてるというか。
赤穂浪士の仇討ちも交ってきますが、今までに見たことない感じです。
しゃべり方も方言だし、寺坂さんはほんとに逃げてるし。

あまりに日常で、最初ちょっと眠いです(笑)
でも時々、妙に印象に残る映像とかありました。
墓参りの花を奪う時の手元とか、雨の中やってくる汚れた足元とか。

時代劇を期待したら違和感を感じるでしょうが、爽やかでいい映画じゃないでしょうか。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。