--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/25

陽気なギャングが地球を回す

人間嘘発見器、演説名人、天才スリ、体内時計の持ち主―
彼らは、ロマンを求める銀行強盗4人組。
ある日、無事に奪った現金を横取りされてしまい、奪還に動き出すのだが…

お気軽に見れる映画です。
オーシャンズ11と比較してる、という話を聞いたんですが、全く違うジャンルではないでしょうか。
いくらなんでも、鍵ひとつで簡単に開く金庫はないだろうし。

話はハイテンション、かつべたな展開で進んでいきます。
正直、大沢たかおと鈴木京香のロマンスはどうでもいいと思えるくらいです。
濃く魅力的なキャラクターで、ちょっと笑えるネタもありました。
が、どんなことで笑ったのか忘れました…。

エンドロールにかぶせて、映画の終わりはいつかという演説を始めたりするのは面白い演出ですね。
ちょっと聞き入ってしまいました。

その演説の達人、佐藤浩市がいいです。
よくしゃべるし、ちょっとヘタレだし、大人じゃない佐藤浩市が楽しめます。
あと、松田翔太君が可愛かったな。
現実では中々お目にかかれない、はじけたファッションも良かったです。
柄on柄を着こなせるなんて、流石だ。
しかもシャツ光ってるし。スーツ白だし。(←大沢たかお)
白シャツ・七三・袖カバーも見かけませんけどね。

そういえば「冷蔵庫に象を入れるための3つの条件」という、特に笑えるわけでもないネタを、なぜあんなにも引っ張ったのか謎です。

取りあえず、映画とは結構違うらしい原作を読むのが、楽しみになりました。
映画(劇場) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
さわりだけ読んだよ。
冒頭の警察官みたいな人とのやりとりの意味が分かりました。
雪子は運転技術がすごいのであって、体内時計は関係あるのか?という謎も解けました。
神崎の正体は想像してなかったけど、あんまり驚きもしなかったかも。へぇって感じ(笑)
おばあちゃんは確かに可愛かったねぇ。
原作の方が、伏線がしっかり活きてた感じ。
…あんまり言わない方がいいよね?(笑)
成瀬と雪子のロマンスは重要じゃないけど、私は結構好きでした。
あとは神崎の正体とか、ビックリした。
原作と違って面白かったところ、原作と同じ台詞・場面でクスッと笑ってしまったところ、どちらも良かったです。
映像では、やっぱりあのファッションが見処かな?
響野の演説に思わず拍手してしまうおばあちゃんがかわいかった。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。