--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/15

葵祭

京都御苑での観覧席のチケットをいただいたので、母を誘って行っていました。
祇園祭、時代祭には行ったことがあるので、これでやっと三大祭制覇です。

3つの中で、行列は一番短いです。
次は何が来るんだ?と気にすることもなく終わりました。
役職や着物の色などの説明を、笑いも交え説明してくれます。
黄色に黒の縞という、阪神色の着物なんかもありました。
女官の着物の柄はすべて違うとか。

風流傘

この傘は4人交代で持つらしいのですが、最初に持ってた人がよたよたして倒れそうになり、すぐ代わってしまいました。
行列も始まったばかりなのに、大丈夫だったのかなぁ。



牛車

牛車は中盤と最後に通りました。
中盤の牛車は牛とは思えないほど、あっという間に走り去ってしまいました。


斎王代

そして、斎王代。
時代祭のように誰それ、と名前が出ているわけではないし、想像していたより静かに通り過ぎました。
さすがに顔は見えなかった。


お昼の後は、平安神宮の庭園へ。
そろそろ花菖蒲の綺麗な時期かなぁと思ったのですが、まだちょっと早かったかな。
花菖蒲と鳥

全く咲いていないわけではなかったので、良かったです。
鳥がいたので、一緒に撮ってみました。


睡蓮


睡蓮も白いの赤いのや綺麗に咲いていました。

実はアヤメ・カキツバタ・花菖蒲も、睡蓮・蓮も違いが分からないです。
上に書いたのは、合ってるかしら。
雑文 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
サチコが、綺麗や、広い綺麗とか始まったばかりなのに
広い女官など思えないほど
サチコが、祇園祭とかを想像しなかったよ。



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。