--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/09

トム・ヤム・クン!

今回は久しぶりに神戸で映画を観てきました。

映画が始まるまでの時間、ハーバーランドをぶらぶらして、お茶できるお店を探しておりました。
偶然見つけた「観音屋」というお店で、デンマークチーズケーキの文字を発見。

先日TVで見た空スイーツの特集で4位に入っていた、神戸空港のデンマークチーズケーキがずっと気になってたんです。
5位に入っていた「スナッフルス」のチーズオムレットが、初めての食感ですごく美味だったので、それより上位のスイーツはどんな味なんだろうと。
これまた、初めて食べるチーズケーキでした。
私はオムレットの方が好きですけど、両方一度は食べてみる価値ありですよ。


取り戻したい愛がある、
 取り戻したい象がいる


象を守る戦士の末裔であるカーム。
彼の村で大事に育てられていた2頭の象が、密輸組織によって連れ去られる。
オーストラリアへ向かったと知ったカームは、単身救出に向かう…

CGなし、ワイヤーなし、早回しなし、のアクションでヒットした「マッハ!!!!!!!!」のトニー・ジャーが主演です。
「ぞーうさん、ぞーうさん」の歌で始まった予告は、今回も上手いなぁと思わせるものでした。
そして相変わらずのすごさです。

1人相手なのに、律儀に1人ずつ襲ってくる敵。
倒されてうずくまってたのに、いつの間にかいなくなってる敵。
刺されたのに動き回る主人公。

そんなのは関係ないんです。
ボートのアクションも、何十人もの敵をばたばたと倒すのもすごかったです。
でも何気に印象に残ったのが、銅鑼の上を飛び越えるシーン。
狭いところをよく抜けれたなぁ。

前作の方が分かりやすい話だったし、お腹一杯になるくらいアクションに入り込めました。
今回の敵は中国マフィア、と巨大になりましたが、ちょっと複雑になっちゃったかなぁ。
タイよりも、オーストラリアメインだったし。
でも象との触れ合いがいい感じです。

大きな動物ほど足が弱いから、戦士は象を守るそうです。
そのことを思い出して、カームは長身で筋肉隆々とした敵を倒しました。
なんだか曙のことを思い出してしまいました。
映画(劇場) | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
きょう、TVみたいな救出した。

管理者のみに表示
« 葵祭 | HOME | ゲロッパ! »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。