--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/04/16

いま、会いにいきます

「雨の季節に戻ってくる」と書いた絵本を息子に残し、病死した澪。
それから1年。何とか2人で暮らしていた巧と息子の前に、約束通り澪が現れる…

泣かせ系の映画が多い中で、この映画はわざとらしくなく良かったと聞いていました。

記憶を無くして現れた、死んだはずの妻に、また恋をする。
“運命の人”というやつですね。
すごく透明な感じで、綺麗です。
どこが、と言われると挙げれないけど、じーんとさせられる話でした。

最初は巧目線の出会いの話なんですが、それだけでも二人が高校生の時から想い合っていたのが分かります。
でもすれ違っているからじれったい。
少女漫画の醍醐味じゃないですか。

澪が消えて、彼女の日記から、幽霊ではなく心だけタイムスリップしてきたのだと分かります。
そういう展開は意外性があったし、息子に「雨の季節に戻ってくる」という絵本を描けた理由も分かります。

でも、ならどうして、消えることを知ってからの短い時間に、息子に色々教え始めたんだろうと考えてしまい、集中できず。
生きている間は、まだご飯作るなんて小さ過ぎて無理かな…。

巧の家族は全く出てこないけど、どうなっているんだろうとか、素直に見れない自分がちょっと嫌(笑)

竹内結子は可愛いですねぇ。
夫と息子のことを頼んでおきながら、誰か他の人を愛すようになるのは嫌だと泣くシーンは、女の私から見ても可愛いです。

あと、ちょっとしか出てきませんが、YOUがいい味出してます。
映画(TV放映) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
あのシーン見たら、そりゃ中村獅堂も惚れるだろうと思うよね。
佑司役の子はドラマでも出てたんだよね。
今更だけど、見れば良かったなぁ。
澪が泣くシーン、私も好きです♪
竹内結子、ほんとかわいい☆
祐司もかわいい☆
YOUもすてきです☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。