--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/01/30

ハリー・ポッターと秘密の部屋

借りっぱなしのDVDを返すため、連続ハリポタ。


休暇を親戚の家で過ごすハリー・ポッター。
彼の元にやってきた“屋敷しもべ妖精”ドビーは、「ハリー・ポッターはホグワーツに戻ってはなりません」と警告する。
ホグワーツに戻ったハリーは、皆に聞こえない声を聞く…

連続で観ると、いきなり大きくなってちょっとびっくり。

魔法使いのスポーツ(クィディッチ?)は、かなりの迫力です。
劇場で観たらすごいだろうなぁ。CGの進歩だ。
しかし、スリザリンとばっかり試合してて、他の寮は何しているのか。
そして、あんな反則ばかりでいいのか。

今回の敵は、ヴォルデモートの若かりし頃の記憶でした。
名前のアナグラムって日本ではあまり考えたりしない気がします。
ヨーロッパじゃよく使われるのかなぁ。
ホームズの生まれた国だし。

この話は、1つの話の中にエピソードがいっぱい詰まっていますね。
DVD特典の未公開映像で分かりやすくつながった話もありました。
ハリーの悩んでる様子とか。
でも、あれ以上本編長くされてもしんどいでしょうね。
ここまでは一応読んでいたけど、この後映画だけでついていけるかな。
とはいえ続きが気になるし、またDVD借りちゃいそう。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
有頂天ホテル明日観に行ってきます。
面白いってよく聞きます。楽しみだ♪
博士の愛した数式はその翌週かな。
まだまだ連続鑑賞しますよ。
有頂天ホテル傑作です!是非劇場で見てください!
博士の愛した数式も見たいな。
きのうサチコが、元を連続したかったみたい。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。