--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/01/30

ハリーポッターと賢者の石

放置ビデオはかなりの数になっているので、第何弾かを数えるのはやめました。


親戚の家の階段下で暮らすハリー・ポッターの元に、魔法学校からの入学許可証が届く。
魔法使いだった彼の両親は“ある人”との戦いで亡くなり、ハリーはその時の生き残りだという…

ハリポタは賢者の石と秘密の部屋だけ読みました。
実は大きな力を秘めた魔法使いとか、仲間と力を合わせて敵と戦うとか好きです。
ファンタジー好きですから。

今の映画の予告とかを見てると、1作目はやっぱり皆子供ですね。
ローブ落ちかけてたり、ネクタイ歪んでいたり可愛らしい。

ハーマイオニーは、ハリー達と出会って変わっていくという設定なんでしょうが、しっかり嫌味な女の子だなぁ。

この話、いまいち手放しで楽しめないのは悪役が悪役過ぎて、主人公贔屓に入り込めないからでしょうか。
子供向けファンタジーで、そんなに複雑にされても嫌ですけど。

最後のグリフィンドールの逆転なんて、ハリーに感情移入しているなら爽快でしょうけど、スリザリンの生徒が可哀想です。

まぁ面白いと思うし、続きは気になるんですけどね。
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。