--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/01/26

七人のマッハ!!!!!!!!

麻薬の密売組織のボス・ヤン将軍を逮捕する際、上司を亡くしたデュー。
失意の底にいた彼は、テコンドーのチャンピョンの妹に誘われ、タイのトップ・アスリートが慰問に訪れている村に向かう…

以前観た、「マッハ!!!!!!!」というアクション映画が面白かったので楽しみにしていました。
元々、アクションものはそんなに好きではないのですが、あおり文句に惹かれ、すごいとしか言いようのない体術を見せられ、かなり印象に残る映画になりました。

この映画を観終わった後、「マッハ!!!!!!!!」がいかに平和なアクション映画だったかが分かりました。

平和な村を突然襲ったテロリスト。
ばたばたと撃ち殺される村人たち。
子供の前で殺される父親。
飛び散る肉片。
…ちょっと引きます。R12がつくはずだ。

彼らに立ち向かうべく、色んなアスリートが自分の技を見せてくれるのはすごいんですけどね。
おじいちゃんや子供が戦ったして、悲惨になり過ぎない映像もあるし。
戦ってる人は7人以上いると思いますが。

国歌を聞いて戦うために立ち上がったり、コインの王様?の顔を見て、再び立ち上がったり、日本人にはない感覚でしょうか。

エンドロールの撮影シーンが一番感心したかもしれないです。
アクションシーンのすごさが分かります。
よく死ななかったなぁ。でも絶対重傷人は出てるはずだ。


本編以上に、予告のトニー・ジャー主演の「トム・ヤム・クン!」が気になりました。
盗まれた象を救いに行く話しみたいだし、平和でしょう。
きっと観に行ってしまうな。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。