--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/09/07

妖怪大戦争

両親の離婚により、鳥取で暮らすことになったタダシ。
ある日、神社のお祭りで世界に平和をもたらすという《麒麟送子》に選ばれる。
《麒麟送子》に選ばれた子供は、大天狗が守る剣を取りに行かなければならないというのだが…
面白かったです。
私は妖怪そんなに詳しくないし、神木君ファンでもないです。
友人に誘われ、キャストのすごさに心惹かれ行ってきました。

妖怪がたくさん出てくるので、妖怪好きはたまらないでしょう。
お母さんには神木君のサービスショット、お父さんには太もものサービスショットが待ってます。
私は「すねこすり」にやられました。
ぬいぐるみにしたいような可愛さじゃない(どっちかというとちゃちい)けど、動きが愛くるしい、そして健気。

真面目に観たら、何だったんだ…というような話です。
妖怪と力を合わせて敵を倒す話かと思いきや、そんな話ではなく祭で終わります。
怪しげなバスは無事家まで送ってくれたの?とか、すねこすり以外の機械になっちゃた妖怪はどうなったの?とか、警察官は人撃っちゃったの?とか、加藤は一人ヨモツモノ?の中に飛び込んでどうしたかったんだ?とか、東京はその後どうなるの?とか…
ほったらかしのようなエピソードもたくさんあります。

でもそんなの関係ない。(というか、気にしちゃいけない)
なんか参加してる人達が楽しそう。
子供向け映画らしく、真面目な教訓的話も入ってるかと思えば、馬鹿馬鹿しいとしか言えないギャグも盛りだくさんで。
良い子はまねしないでねとか、防虫剤とか妙にツボでした。
トヨエツが小豆と一緒になるというのは予想できたけど、忌野清志郎と井上陽水の歌があんな歌だなんて…。
何よりも、あんなお茶目な役の文太さんを観れるとは思ってませんでした。

書けば書くほど陳腐になってしまう。でもその陳腐さが楽しい映画でした。

そういえば、宮部みゆきの役はエンドロール観るまで女優さんだと思ってました。
演技がお上手です。
映画(劇場) | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
ミニシアター系邦画だし、三条さん好みっぽいよね。

オダギリ・ジョー結構好きなんだけど、SHINOBIはあまりに棒読み…
和製「LOVERS」って感じの話なのかな?
メゾン・ド・ヒミコ、私も見たいです(笑)

オペレッタ狸御殿も見たし、イン・ザ・プールも見たし、
なんかSHINOBIも見に行くかもしれないし‥。
今年はオダギリジョーづくし???
千円出す価値はなかったと感じる子もいたので、羨ましく思ってもらえるかどうか…(笑)
機会があればビデオででも。

メゾン・ド・ヒミコ観にいこー。
14日・21日は駄目なので、ただ券使おうか。
またメールします。
11日頑張ってね。
なんだかご無沙汰ですね。
妖怪大戦争↑楽しかったみたいで、ちょっとうらやましいです(笑)
→メゾン・ド・ヒミコ、私も観たいです。
ほんと妖怪大戦争と言うわりに戦争してないよね。
私、妖怪も帝都物語も詳しくないけど面白かったよ。
鬼太郎くらいしか知らなくても、有名な妖怪いっぱいだったし、ネタ仕込んでくれてるしね。
雲外鏡(だっけ?)見た時は、うしおととらを思い出しました。ちょっと読みたい。

水木しげる、いつ出てくるのかと待ち続けたら最後の最後でしたね。
名言を残して去っていかれた…。
あれだけメイクしてたので、京極夏彦と荒俣宏の違いが分かりませんでした。

トヨエツはなんかすごいよね。
もう登場のシーンだけで…

激しく語ってくれたので、レスも長くなってしまいました(笑)
妖怪大戦争改め、妖怪大祭典ともいうべき映画ですよね~。
この映画の話が出来ると思うと嬉しいです。

もう、妖怪がいっぱい出てくる。出てくる。
いっぱい出てくるけど、戦わない。役に立たない。
そんな感じがめちゃめちゃ大好きです。
怪メンバーの面々や、水木御大もご出演されてるし。
妖怪ものとして、正直ウブメよりこっちが楽しみで、
期待は裏切られなかった感じです(笑)

トヨエツ加藤、良かったです。好き☆
帝都物語読み直したくなったわ~。

激しく語ってしまいました‥。
ごめんね~。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。