--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/08/08

6デイズ/7ナイツ

旅行から帰ってきて、TVをつけたらちょうど始まったので見てしまいました。

南の島に恋人と旅行に行ったロビンに急な仕事が入る。
パイロットを雇い島を出たが、嵐に遭い無人島に不時着する…
予告とかで、崖から飛び降りるシーンがあったので、無人島のサバイバルものかと思ってました。
ハリソン・フォードだし。

でも実際はロマンチック・コメディ。

不時着しちゃったのは無人島で、1弾だけある照明弾も暴発してしまった。
サバイバルがあまりに楽過ぎ。土砂と共に滑り落ちて、怪我1つないってどうよ

そんな時、島近くに船発見。
急いで近づくと、海賊に襲われていた。
慌てて逃げたけど、海賊に見つかってしまう。
逃げた山奥で戦時中の日本の戦闘機を見つけて、それで飛行機を何とか飛ばせて逃げ出す。
ついでに海賊は自爆。
船の上を飛んでいく飛行機に向けて爆弾?を撃ったため、落ちてきたんです。お粗末

危機を一緒に乗り越えた2人には愛が芽生る。
ここで歳やら生活やら考えて、今の恋人のとこに行け…というロマコメらしいひっぱりが入ります

…という話です。

うーん。評判悪いのは知ってたけど納得。
でもまぁ内容覚えれるくらい、気楽に観れますよ。
あえて薦めないけど。
(ってこれ読んで観たいとは思わないでしょうね…)
映画(TV放映) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
あぁぁ…また辛口でごめんなさいね。
ハリソン・フォード、いざという時頼りになる男ってイメージだよね。
アクションものにしておけば面白かったのに。

インディ・ジョーンズもエアフォース・ワンも観てないんです。
いつか観てみます~。
確かにストーリーとしてはかなりお粗末…
でも、ハリソン好きな私にとっては、楽しい映画です。
自己中で、行き当たりばったりで、でもいざという時には絶対に助けてくれる!
私の中のハリソン・フォードのイメージそのまま。
エアフォース・ワンとかもかっこよくて良かったけどね。
やっぱりハリソン=インディ・ジョーンズ!(古?)
私の洋画好きはここから始まりました。
…のわりには全部TVの「洋画劇場」でしか観てないけど;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。