--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/07/21

再びつらつらと…

このブログ、観てきた映画の感想程度なので、深く考えてないこと多いです。
ネットで公開しているにも関わらず、内輪しか見てないと思っていましたし。

だから、1つの作品を真摯に捉えている人の感想に出会うと申し訳なくなります。
つまらないとこに突っ込んでることとか、辛目の感想書いてることあるし。
浅いなぁなんて。(人としての器が)

でも基本的に映画は娯楽ですから。
2時間楽しむも、無駄にしたと思うも人それぞれの感想で。

この映画を観てこの程度の感想かとか、そうは思わないとか思うことがあっても、(歳のわりに)まだまだ子供なんだなとぬるく見守って下さい。
ではまたつらつらと。


一番好きな映画音楽

「ニュー・シネマ・パラダイス」

「アマデウス」や「オペラ座の怪人」など、音楽を題材にした映画なら好きな曲はたくさんあります。
でも、そうではなく大好きな曲は「ニュー・シネマ・パラダイス」
着メロにもしてます。
CMでもよく使われてますよね。
作曲はエンリオ・モリコーネだったかな。
この人の映画音楽は有名なものが多いです。「海の上のピアニスト」とか。
もちろん、ストーリー自体もいいお話です。


一番怖かったホラー

「女優霊」

日本人ですから、Jホラーが一番怖く感じます。
特に有名じゃない俳優使ってる方が怖い。身近で起きても不思議じゃない気がするから。
この話もビデオで見ました。
結局何かいるっていうだけで、何も分からない。
次々人が死んでいく。でも解決しない。

洋画の方が悪魔等の形があるし(信仰の違いか悪魔オチにされるとしらけますが)、大抵退治して解決するので後味がいい。

「呪怨」も同じくらい怖かったかなぁ。(ただしオリジナルビデオ版)
1・2&違うオニムバスに入っていた関連話を連続で見たら、お風呂で目をつむるのが怖くなりました。(隣でにゃーっいう男の子がいたらどうしよう…)


一人でも絶対映画館で観たいと思った映画

「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」

興味はあったけど、一緒に行く人が見つからず見逃していた映画。
たまたまTVで観て、その後すぐに二つの塔のビデオを借りれてはまりました。
王の帰還に合わせての放映だったので、もう観たくて観たくて。
3時間半くらいの長時間だったにも関わらず、疲れなかった。
すごい迫力に楽しめた。ただし、主役はサムだと思った。

小説をちゃんと読んでもう一度観ようとDVDも買っているのに、中々進まず…。
映画(その他) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。