--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/30

寅年もう終わり!?

手締めを終えて帰宅したのに、未だに年末という気がしません。
実家に帰ったらお正月気分になるかなぁ。

とはいえ、今年もあとわずか。例年のごとく総括を。

今年は江戸時代の映画が多かったですねー。
侍人気?
「龍馬伝」ヒットの影響もあるんだろうか。

あと年内最後の鑑賞作品にもなった西原さん関係。(酔いがさめたら~は、元ダンナさん原作だけど)
劇場・DVD含め、結構見た気がする。

「のだめカンタービレ 最終楽章」も2010年だけど、のだめは映画としてよりも原作が好きだからなー。
ドラマの時から実写化に成功した作品として大好きです。

「アバター」はここ数年の中では珍しく、映画館で見て良かったハリウッド大作でした(あれ?2009年のヒット作?)

で、結局今年の一番印象に残った映画は、「告白」
ストーリーはもちろん、映像も印象的だったし。何よりも松たか子という女優がすごい。
次点は予想外に感動させてくれた「今度は愛妻家」かな。

が、毎年みたく今年のナンバー1は?って思い出して、すぐに名前を挙げれるほどではなく。
今年の映画は私の中で突出した一作品があるわけではなく、全般的に印象が薄いようです。
だからって面白い映画がなかったわけではないんだけどね。

それでは年末年始は寒くなるそうだし、風邪を引かないよう気をつけて。
よいお年を。



そういえば、今年の年末は何も無くしたり壊したりしなかったぞ。
帰省する時気をつけます(笑)
スポンサーサイト
映画(その他) | Comments(2) | Trackback(0)
2010/12/30

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

かつて戦場カメラマンとして世界中を駆け回っていた塚原。
帰国後、漫画家の由紀と結婚し2人の子供にも恵まれるが、アルコール依存症になり暴力を振るうようになる。
それが原因で離婚し、その後何度も吐血を繰り返した塚原は、アルコール病棟へ入院することに…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/26

マリア

ヘロデ大王の圧制に苦しむ小さな村・ナザレで家族と共に暮らすマリア。
ある日突然、両親から大工のヨセフとの婚約を知らされる。
掟に従い、結婚まで1年間の婚約期間を過ごすことになったが、天使から神の子を宿したと告げられ…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/22

その街のこども 劇場版

出張途中の新幹線で新神戸駅に止まり、何となく途中下車した勇治。
同じ駅で見かけた美夏に声を掛けると、彼女は震災の追悼の集いに行くつもりだと言う。
共に子供時代に被災したと分かった2人だが…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/21

しあわせのかおり

夫を亡くし、娘と共に故郷の金沢に戻ってきた貴子。
仕事で小さな中華料理店「小上海飯店」を訪れた貴子は、その店の主人・王の作る料理に惚れ込み、日参するようになる。
そんなある日、王が厨房で倒れ…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/18

第九

毎年恒例の第九、今年も行ってきました。

今回の指揮者・広上淳一さん、面白い!
動きが踊ってるみたい。なんか可愛いし、目が離せません。

まずは「魔笛」の序曲。
こないだ「のだめ」の最終巻で魔笛読んだばっかりだな。
タイムリー。

休憩なしで続いて第九。
が、1楽章はちょっとうとうと(笑)
第九は2楽章以降が好きみたいです。

指揮者さん、動きだけでなくタメがすごいというか。
残響消えてから次の音に入る、一瞬の無音の緊張感を多く使ってます。

鳥肌が立つほど感動する演奏というわけではないけど、すごく素直に聴けるというか。
分かりやすくって楽しめました。
また機会があれば他のも聴いてみたいなぁ。

今回ソロの人より後ろに座っていたので、あんまり声が聴こえなかったのだけが残念。
でも、その分演奏者と同じように指揮者の表情まで見ることができて楽しかったです。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/13

12人の優しい日本人

もしも日本に陪審員制度があったら…
ある殺人事件の裁判のために、12人の一般市民が陪審員として集められた。
陪審員の意見は無罪に統一されるかと思ったが、1人が異を唱えたことから議論が白熱し…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/08

武士の家計簿

江戸時代後期。
代々加賀藩の御算用者として仕えてきた猪山家では、八代目の直之も父と同じく算盤をはじくことで禄を得るようになる。
しかし、猪山家の借金は2人の俸禄を合わせても返せないくらいに膨らんでいることが分かり…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/07

イキガミ

1000分の1の確立で選ばれた18歳から24歳の若者の命を奪う法律「国家繁栄維持法」
厚生保健省に入省した国家公務員の藤本は、死亡予定者に通称「逝紙(イキガミ)」と呼ばれる死亡予告証を配達することになる…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。