--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/31

小澤征爾音楽塾コンサート 小沢征爾音楽塾オペラ・プロジェクトX

小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトによるコンサートに行ってきました。
今回の指揮は小澤さんじゃなく、塾生の若手さん。
小澤さん他先生方は、普通に客席に座ってました。

まずは、今年のオペラプロジェクト「ヘンゼルとグレーテル」より何曲か。
カバーさんが歌ってるらしいです。
(カバーという言葉の意味が分かるようになったのは、「プライド」のお陰だw)
知ってる曲だしーと安心してたら、外国語でした。
何歌ってるかわからないなー。
でもまぁ雰囲気で。

オケと一緒に舞台で歌ってる姿って初めて見たけど、結構演技もするんですね。
わずかな隙間だけど、結構踊ったりしてます。
遠目だし、ヘンゼルが森三中の黒澤さん、グレーテルが柳原可奈子に見えたのは私だけ…?
魔女はやっぱりチャーミング。
怖すぎたら子供泣くもんね。

若手の研修って目的通り、曲の途中で指揮者が変わったり、パート変更があります。
こんなの始めてだ。

続いては、この日しか演奏しないというベートーヴェン「交響曲第5番【運命】」
5番に至っては、4人の指揮者で振るために、1楽章を2回演奏するという面白い試みで。

指揮の違いとかどうこう言えるほどいい耳じゃないですが、1回目の方が聴く側としても緊張感あります。
特に有名な入りだしね。
3・4楽章を振った方は、まだ20歳そこそこだとか。
大きい身体を使って、かなりダイナミックな指揮でした。

若手とはいえ、さすが選ばれた人たちというか。
勢いがあって上手いなぁ。

演奏会後、拍手を受ける様子とか、どこで終わればいいか微妙なとこが、初々しい感じで微笑ましかったです。
スポンサーサイト
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/30

長江哀歌(エレジー)

16年前に別れた妻子を探し、山西省から奉節にやって来たサンミン。
昔の住所を訪れたが、そこはダムの底だった。
役所に問い合わせても所在は知れず、安宿に滞在して妻子を探すことにするのだが…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/27

砂時計

両親の離婚により、島根にある母親の実家にやってきた杏。
同い年の大悟と仲良くなり、島根での生活に馴染み始めたある日、母親が失踪する。
1人残された杏を支えてくれたのは、大悟だった…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/27

ディア・ドクター

村でただ一人の医師・伊野が失踪する。
突然の失踪に村人たちは慌てるが、彼が無免許だったことが発覚する。
診療を受けていた患者、一緒に働いていた研修医や看護師の反応は…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/24

グッドナイト・ムーン

女性カメラマン・イザベルは、弁護士のルークと同棲を始める。
しかし、彼には先妻ジャッキーとの間に2人の子供がいた。
なんとか子供たちに気に入られようと努力するイザベルだが、2人はジャッキーに懐いていて…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/21

アメリカン・ギャングスター

1970年代のNY。
ハーレムを仕切っていたギャングのボス亡き後、運転手をしていたフランク・ルーカスは、麻薬を密輸する計画を立てる。
実在した麻薬王の半生とは…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/17

題名のない子守唄

北イタリアのトリエステにやってきたイレーナ。
貴金属商を営むアダケル家に近づくため、レジデンスの管理人に交渉し、掃除婦として入り込む。
続いてイレーナが取った行動は…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/13

ME AND MY GIRL

母から抽選で当たったとチケットをもらいました。
急だったし、平日だから無理かなーと思いつつ三条さんに声をかけると、偶然休みでこの舞台に行こうかと考えていたらしい。
すごい偶然。絶対呼ばれてる。

梅芸には何度か行ってますが、ここで宝塚の舞台を見るのは初めて。
というか、宝塚って子供の頃に大劇場に行った1回のみ。

宝塚ってシリアスな舞台が多いイメージでしたが、おもいっきりコメディでした。
親父ギャグっぽいのもあったり、結構笑える。
途中娘役さんがマジコケしてましたが、1F席から笑いが聞こえなければそういう演出だと違和感なかったかも。

実は貴族の落し胤だと発覚した下町の青年が、ドタバタしつつ跡継ぎになっていくという話。
でもあらすじとか知らなくても楽しめる、明るい話でした。

歌って踊って演技して、ミュージカルに出る人ってすごい。
四季とかでもそう感じるけど、ワルツから日本舞踊まで色々こなすんだろうし。

加えて宝塚って独特。
全員女性なのに男役の人は女性に見えない。
歌舞伎とかの女形は、女性らしく見えても男性だってわかるのに。
でも、ほんとの男性に見えるかっていうとそうは見えない。
お話や漫画にしか登場しない、理想的なヒーロー像だよなぁ。

カーテンコールは宝塚~って感じのダンス。
トップスターは羽根をつけてるとばかり思ってましたが、今回は背負ってなかったようで、ちょっと残念。
舞台 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/07/13

マーサの幸せレシピ

優れた味覚と腕前を持つフランス料理店の女性シェフ・マーサ。
優秀だが人に心を開かず、店のオーナーにカウンセリングに通わされる日々。
そんなある日、彼女の家にやって来るはずだった姉母娘が事故にあったという知らせが入り…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/08

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

いつもみたくあらすじ書けないー。
「序」の続き。
アスカ登場。
>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/02

劔岳 点の記

明治39年、参謀本部陸地測量部の測量官・柴崎芳太郎に、立山連峰・劔岳の測量が命じられた。
それは、日本地図最後の空白を埋め、日本山岳会よりも早く初登頂を果たすという国家の威信をかけた任務であった。
山の案内人・宇治長次郎らの助けを得て、頂への登り口を探すのだが…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。