--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/21

大阪フィルハーモニー交響楽団 大植英次スペシャル

またもクラシックコンサート。
今年はクラシック率が高いです。

まずは、スメタナの歌劇「売られた花嫁」序曲。
多分知ってるよと言われたけど、全く聴いたことなかったです。

続いて、シベリウスの「ヴァイオリン協奏曲」
これも初めて。
ヴァイオリン協奏曲を聴くのも初めて。
同じ楽器がたくさんあるなかで、ソリストの音がちゃんと聴こえるってすごいなぁなんて、
いかにも初心者なことを考えておりました。

聴きなれない曲だからか、ちょっと寝そうになりましたが(笑)
ヴァイオリンの音は綺麗だと思ったし、迫力ある演奏でした。

そして、これがお目当て。
チャイコフスキー「交響曲第5番」
何度も聴いたことある曲だけど、全く違う曲かのようなテンポ。
ちょっとびっくり。
で、演奏もだけど、指揮者の動きに注目。

ぶつかるんじゃないの?というくらい演奏者に近かったり、指1本立てて直立してたり。
踊ってるような、休んでるような。
見てて飽きないというか、見てると目が離せないというか。
かなり楽しい指揮でした。

大フィルさんは、なんかアットホームというか、仲良さそう。
ソリストさんが練習なしで引っ張り出されてアンコール演奏したり。
ぶっつけ本番なのに暗譜だったし、やっぱ子供の頃から楽器に触れてる人は違うのね…。
「タイスの瞑想曲」という、どこかで聴いたことのあるクラシック曲だったせいもあるかもしれないけど、
協奏曲より好きだわ。
瞑想っていうより子守唄みたい。これは寝そうにはならなかったけど(笑)
スポンサーサイト
音楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/04/20

花の生涯―梅蘭芳

京劇一家に生れた梅蘭芳。
女形のスターに成長するが、伝統重視の世界に疑問を持っていた。
ある日、海外で学んだ司法長官の講演を聞き、生身の人間を演じるべきだと言う意見に共鳴する…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/16

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

800兆円の借金を背負い、経済の破綻は目の前に迫っている2007年。
バブルの崩壊が原因だと考えた財務官僚の下川は、タイムマシンで過去に戻り、バブル崩壊を食い止めるという計画を立てる。
しかし、無事1990年に行ったはずのタイムマシンの発明者が消息を絶ってしまい…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/13

スラムドッグ$ミリオネア

インド国民が注目するクイズ番組「クイズ$ミリオネア」
その番組に出演し、賞金を獲得したジャマールは、スラム街出身だったために不正をしたのではないかと疑われる。
彼が答えを知っていた理由とは…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/13

20世紀少年 第1章 終りの始まり

1997年、ロックスターになるという夢に破れ、コンビニを営みながら母と姪と共に暮らすケンヂ。
同窓会で会った幼馴染から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いる教団と、得意先一家の失踪事件に関係があると知る。
その教団のマークは、ケンヂたちが子供の頃に作ったものにそっくりで…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/09

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿

爆弾テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソンの終了後。
犯人を追うため使用された顔認証システムで、逃げた妻らしき女性を見つけた鑑識の米沢。
その女性の住所氏名を知った矢先、遺体となって発見される…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/06

小澤征爾音楽塾 オーケストラ・プロジェクトⅠ

一般発売日当日のお昼には売り切れ。
京都コンサートホールに直接電話して、なんとかチケットゲットです。

まずは、ラヴェル「マ・メール・ロワ」
のだめでも使われてた可愛い曲です。
物語が想像できるっていうか、ジブリやディズニーの映画を見てるみたいに、音楽で場面が想像できそう。
CDは借りたけど、そんな聴きこんではいなかったのに、聴き惚れてしまいました。
バレエ音楽だったらオケピに入ってて見えないだろうけど、弓を返す動きも踊ってるみたいできれい。

そして、ベートーヴェン「交響曲第7番」
またものだめ。ドラマで使われて有名になった曲です。

有望な若手が集まってのエネルギッシュな演奏は、まるでR☆Sオケを想像させるものでした。
4楽章なんてすっごくスピーディで迫力あって、音楽聴いててドキドキしたのは久々かも。
演奏してる人が若いとは言え、指揮されてる小澤さんはすごいな。
今回は席が遠くて全景を見ていたせいもあるかもしれないけど、
指揮者の元一丸となって、1つの曲を作ってるってすごく感じさせられました。
大満足のコンサートでした。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/01

悲夢(ヒム)

別れた恋人の車を尾行している途中で、事故を起こす夢を見たジン。
あまりのリアルさに心配になって現場に向かうと、実際に事故が起きていた。
しかし、監視カメラにはランという女性が車を運転している映像が映っており…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。