--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/07/30

ミュンヘン

1972年ミュンヘンオリンピック会場。
パレスチナのゲリラ“黒い9月”によって、イスラエル選手団の襲撃事件が起こる。
人質となった11名は全員死亡。
イスラエル秘密情報機関モサドは、首謀者を暗殺する計画を企てる…

>>続きを読む
スポンサーサイト
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/07/26

運動靴と赤い金魚

修理してもらったばかりの妹の靴を、買い物途中でなくしてしまったアリ。
けれど家は貧しく、両親に打ち明けられずにいた。
学校に行くため、1足しかないアリの運動靴を妹と交代で履くことにしたのだが…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/07/19

大日本人

6代目大日本人として生きる大佐藤を密着取材。
>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/07/08

オペラ座の怪人

久々の生舞台。
大阪の四季劇場で、大好きな「オペラ座の怪人」を見てきました。

初めて四季の舞台を見たのが、京都劇場の杮落としでのオペラ座です。
その時は2階の後ろの方という、ちょっと遠めの席。
オペラグラスどころか双眼鏡持って行きました。
今回は1階の後ろの方。
でも思っていたより劇場が狭かったので、結構見えました。
この舞台は、上下色んな方向から見たくなります。

見るのは2回目ですから、歌い手さんの違いとか演出とかまでは分かりませんが…。
初めて見た時は、オーバーチュアしか知らなかったのに、映画のおかげで曲は全て分かるようになってました。
やっぱりマスカレードのシーンは鳥肌立つほどの迫力。
衣装とかもっと近くで見たいなぁ。

映画を見た時、やけにロックな怪人だなぁと思いましたが、今回も熱かったです。
ファントム役はあんなもんなんでしょうか。
クリスティーヌとラウルの“All I Ask of You”の後の歌とか、つぶやくようなのも怒ってるのもいい。
“The Point of No Return”も好き。

ラウルはラブソングが似合う甘い声でした。
「君が全て」って歌ってても恥ずかしくないw

カルロッタは声量がすごいです。
キンキンするとファントムに言われるように、空気がびりびり震えてる。

ロングランするだろうし、今度は近くの席でも見てみたいなぁ。
舞台 | Comments(0) | Trackback(1)
2007/07/07

きみに読む物語

とある療養施設で暮らす初老の女性のもとに、読み聞かせに通う一人の男性。
彼が読む物語は、ひと夏を過ごすために田舎にやってきた良家の娘・アリーと、材木工場で働く地元の青年・ノアの恋の話だった…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/07/07

フライ,ダディ,フライ

郊外のマイホームで家族と平凡に暮らしていた鈴木一。
ある日、彼の娘が傷つけられ病院に運ばれる。
加害者の石原は、衆議院議員の息子で高校総体2連覇のボクサーだった。
傷ついた娘のため、復讐を誓う鈴木は…

>>続きを読む
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/07/06

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

世界制覇の野望を抱く東インド会社のベケット卿は、“深海の悪霊”デイヴィ・ジョーンズを操り、海賊たちを葬り去っていた。
海賊たちが生き残る道は、9人の伝説の海賊を召集し、最後の決戦を挑むのみ。
鍵を握るジャック・スパロウはどこに…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2007/07/03

明日の記憶

広告代理店に勤める佐伯は、大きな仕事が決まり、忙しい毎日を送っていた。
そんなある日、物忘れがひどいのを心配した妻と共に病院に向かう。
検査の結果、告げられた病名は「若年性アルツハイマー」だった…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(1)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。