--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/12/30

ワンダフルな1年

年賀状を見ていたら、結構「ワンダフル」って書いてる方いたんですね。
何だか年末という気がしませんが、今日で仕事納め。

今年も1年の映画総括やっておこうと思います。

今年のナンバー1は、ダントツで「ホテル・ルワンダ」です。
見終わった後言葉が出ない衝撃。
感動したとか幸せな気分になったとかではなく、見てよかったと思った映画でした。

去年に引き続いて邦画も多かったですね。
「ゆれる」「かもめ食堂」両方好きだなぁ。
「フラガール」は泣かせ系だけど、感動できたし。
どれもミニシアターでロングランですね。

戦争映画が多かったという印象もあります。
思えば、「男たちのYAMATO」から始まってるし。
年末に向けて多かったからかなぁ。

音楽で印象に残っているのは、「RENT」「嫌われ松子の一生」「パプリカ」
前2作はミュージカルだったので当然かもしれませんが。
「パプリカ」の音楽は友人が大好きなミュージシャンの作曲なので、その刷り込みかもしれないけどw

来年は年明け早々見たい映画がいっぱいです。
大作で楽しみなのも沢山だ。

それでは良いお年を。
スポンサーサイト
映画(その他) | Comments(4) | Trackback(0)
2006/12/30

私の頭の中の消しゴム

社長令嬢のスジンは、父と出かけたビルの工事現場で現場監督のチョルスを見かける。
彼女は以前、コンビニで間違って彼のコーラを飲み干してしまったことがあった。
そんな出会いをした2人だが、再会しすぐに恋に落ちて…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/12/27

NANA

東京に向かう電車で出会ったナナと奈々。
同じ名前、同じ歳の2人は、東京での部屋探しの最中に偶然再会する。
性格は正反対なのに意気投合した2人は、河沿いのマンションで共同生活を始める…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/12/25

敬愛なるベートーヴェン

1824年、ウィーン。
第九の初演を4日後に控えていたベートーヴェンのもとに、写譜師として派遣されたアンナ。
女性に仕事は任せられないと追い返すベートーヴェンだが、次第に彼女の才能を認めていく…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(2) | Trackback(0)
2006/12/23

バイオハザード

巨大企業アンブレラ・コーポレーションでは、地下深くの秘密研究施設でバイオ兵器の研究が進められていた。
しかし、開発中のウィルスが何者かによって施設内に散布され、メインコンピュータは完全閉鎖を指示する。
内部調査のために乗り込んだ特殊部隊が見たものは…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/12/21

硫黄島からの手紙

1944年、硫黄島に司令官として降り立った栗林中将。
硫黄島の防衛は、制空権と制海権を持つアメリカに対し、圧倒的に劣勢な状態であった。
栗林中将は、日本本土への上陸を1日でも遅くするため、島全体を地下要塞とする計画を立てるのだが…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/12/21

バリトンリサイタル

先日、学生時代にお世話になった先生のコンサートに行ってきました。
ちゃんとしたリサイタルに行くのは初めてです。
曲目は、シューベルトの「冬の旅」

最近ちょっとクラシックを聴くようになったと言っても、シューベルトは、小学校の時掃除の曲だった「ます」と中学校の時音楽で習った「魔王」「野ばら」くらいしか出てきません。

なので曲を聴くというよりも、先生の歌声を聴いてきました。

登場した瞬間、痩せたなぁと心配になりましたが、歌声は相変わらず通るし素敵。
24曲もの連作歌曲、しかも外国語なので何を歌っているのか分かりませんでしたけど…。
でも、表現力豊かと書かれるのが分かります。

アンコールにも応えてくださったけど、またまた知らない曲でした。
迫力あって良かったんですけどね~。
メジャーな曲にしてくれても嬉しかったなぁ。
「この道」とか生で聴いてみたいです。

またこんな機会があったら行ってみたいな。
三条さん、誘ってくれてありがとー。
音楽 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/12/14

今年で3度目の…

今年も行ってきました。第九コンサート。
指揮者は、西本智実さん。

昔ヴェルディのレイクイエムを聴いたことがあるのですが、かなり遠い席。
それでもかっこいいなぁと思っておりました。
今回は安かったし、指揮者さんの顔が見える席にしました。

登場した瞬間から颯爽としてます。
まずは、モーツァルトイヤーのラストにふさわしい、「フィガロの結婚」序曲。
やっぱ有名な曲って楽しめますねぇ。
オペラは見たことありませんが。
せめて映画でも見てみようかなぁ。

そして第九。
静かなのに力強い。
テンポも好きな速さでした。
燕尾がすごく似合います。
そういえば、途中ちょっとジャンプしてました。
「カタイラ」だ。(byのだめ)

人気の指揮者さんだから、合唱団員の希望も多かったらしく、今までで一番多い人数だったそうです。
ソプラノの隣と言っていいくらいの席だったので、かなりの迫力でした。

そういえば、最後に顔が見えた時、バリトン歌手がちょっとケンコバ似でした。
彼もいい声だもんなぁ。
音楽 | Comments(5) | Trackback(0)
2006/12/14

王の男

16世紀初め、都にやってきた旅芸人のチャンセンとコンギル。
2人は芸人仲間と、時の王の皮肉った芝居を演じる。
芝居は成功するも捕らえられたチャンセンは、「王が笑えば侮辱ではない」と反論し、王の前で演じることになった…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(4) | Trackback(0)
2006/12/11

ラスト サムライ

南北戦争で英雄と呼ばれたオールグレン大尉は、日本政府軍に西洋式の戦術を教えるために来日した。
明治政府と対立する侍・勝元の軍勢の討伐に向かったオールグレンだが、政府軍は敗走し、勝元らが暮らす村に連れて行かれる…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(1) | Trackback(1)
2006/12/09

デイ・アフター・トゥモロー

古代の気候を研究するジャックは、地球の温暖化が進むと、再び氷河期がやってくると考えていた。
彼はアメリカ政府に警告するが、経済コストを理由に無視されてしまう。
そんなある日、南極の氷棚が崩落し始めた…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/12/06

パプリカ

精神医療研究所で働くセラピストの千葉敦子のもう一つの人格、パプリカ。
それは、人と夢を共有できる機器“DCミニ”を用いて、患者の夢に入り込んだ時の姿だった。
画期的な発明である反面、危険性も伴うDCミニが盗まれたという報告が入った日、目の前で所長に異変が起こる…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/12/05

SAW

目覚めると、薄汚れたバスルームにいたアダムと医師のゴートン。
壁に鎖でつながれていた彼らの間には、頭を撃ち抜いた自殺死体が。
ポケットに入れられていたテープには、6時間以内にどちらかを殺せというメッセージが…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(4) | Trackback(0)
2006/12/04

東京ゴッドファーザーズ

東京で暮らす3人のホームレス、ギン、ハナ、ミユキ。
3人はクリスマスの夜、ごみの山から赤ん坊を発見する。
清子と名づけた赤ん坊の親探しに行くことにしたのだが…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(1) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。