--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/04/26

リバティーン

17世紀、イギリス。
国王の恩赦により、ロンドンに戻ってきた第2代ロチェスター伯爵は、仲間と共に芝居小屋に向かう。
彼は、そこで1人の女優に才能を見出すのだが…

>>続きを読む
スポンサーサイト
映画(劇場) | Comments(4) | Trackback(0)
2006/04/24

LOVE SONG

1985年、北海道のレコード店で、高校生の彰子は店員の松岡から尾崎豊のアルバムを借りる。
そのアルバムを返す前に、松岡は店を辞め上京していた。
2年後の高校最後の夏休み、彰子は松岡を探しに東京に向かう…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(1) | Trackback(0)
2006/04/24

北京ヴァイオリン

中国の田舎町。ヴァイオリンの上手なチュンはコンクール出場のため北京に向かう。
息子を一流のヴァイオリニストにするため、父リウは必死にお金を貯め、北京に移り住むのだが…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/04/24

コレクター

カイロに通って半年。
もうすぐ卒業して大丈夫と言われていたのに、急遽腰痛に悩まされています。
行き始めた時と、目的変わってるし…。
正しい姿勢って大事ですね。


姪が失踪したという連絡を受けた犯罪心理捜査官のアレックス・クロス。
その土地では、8人の女性が誘拐され、うち3人が死体で発見されていた。
9人目の犠牲者となっていたケイトは、自力で脱出し、クロスと共に事件解決に動き出す…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/04/21

いっしゅうねーん

ブログ始めて1年経ってました。

1年で感想書いた映画、123本。
うち劇場に行ったのは44本。
劇場には月に3~4本見に行って、3日に1度くらいは映画を見てるってことですね。
結構見てるんだなぁ。

そろそろ何の感想を書いたのか分からなくなってきたので、インデックスも作ってみました。
これからもまだまだ見たいの続いているし、ぼちぼち続けていきたいと思います。
雑文 | Comments(3) | Trackback(0)
2006/04/20

おうちでデトックス

万葉さんからゲルマ温浴の入浴剤をもらって以来、半身浴にはまってます。
30分ただ浸かっているのは無理だけど、本を読んでいたら大丈夫。
お風呂で読んでたら、ふにゃふにゃになりそうだと心配してたんですが、結構平気なものです。
借りてるのとか、大事な本は持ち込みませんけどね。

もらった入浴剤はかなり汗をかいたんですが、毎日使うには結構なお値段。
で、アットコスメを見ていて、重曹がいいとあったので試してみました。

重曹がお掃除に使えるというのは、結構有名ですよね。
それ以外にも、歯磨き、入浴剤、洗顔なんかにも利用できるとか。

無色無臭も寂しいので、市販の入浴剤も一緒に使ってます。
15分くらいで、汗だらだら。
肌の調子も良くなってる気がします。
お風呂上りもぽかぽかだし、ゆっくり本も読めるし、一石二鳥の時間になりました。
雑文 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/04/17

本日は晴天なり

映画の後、本日もお花見に行ってきました。
金閣寺から更に西の山奥、原谷苑です。
街中から直接行けるバスはなく、北大路からの直通バスは1時間~2時間に1本。自家用車は禁止。
更に入園料は1200円(休日1500円)と結構なお値段ですが、それだけの価値はありました。

原谷苑
今日はお天気もいい上に満開で、平日にもかかわらずかなりの人でした。
タクシーを降りて入苑すると、そこはピンクの世界。

どこを見ても、枝垂れ桜、雪柳、ぼけ等々花でいっぱいです。
名前は分からないけど、黄色の花もあったし、梅と見紛うような真っ白の桜もありました。
紅白の桜
不思議な色合いの椿や、1本の樹から紅白2色の花が咲いている桜もあって、カメラを忘れたのがすごく悔やまれます。
携帯でいっぱい撮りましたけどね。

水仙も咲いていました
足元には小さい花をつけた野草があり、春を満喫できます。
御室桜やみどりの桜なんかは蕾だったので、まだまだ楽しめるでしょうね。
金閣寺や仁和寺から、頑張ったら歩ける距離だし、ハイキングがてら行くには、かなりいい場所だと思いますよ。
雑文 | Comments(3) | Trackback(0)
2006/04/17

ベロニカは死ぬことにした

私の世界には なんでもあるけど なんにもないの

睡眠薬を飲み、自殺しようとしたトワ。
彼女が目を覚ました場所は、少し変わったサナトリウムだった。
死を望む彼女に、院長は「あと7日間の命だ」と宣告する…

この映画、R-15です。それゆえの感想があります。

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(2) | Trackback(0)
2006/04/16

いま、会いにいきます

「雨の季節に戻ってくる」と書いた絵本を息子に残し、病死した澪。
それから1年。何とか2人で暮らしていた巧と息子の前に、約束通り澪が現れる…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(2) | Trackback(0)
2006/04/15

レッド・バイオリン

オークションNO.72、またの名を“レッド・バイオリン”
長い間所在が知れなかったこの作品を目当てに、多くの人が集まる。
誕生から現代まで、ヴァイオリンがたどった歴史とは…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
2006/04/10

あいにくの雨で

哲学の道朝から(多分)雨の、あいにくのお天気でしたが、哲学の道に行ってきました。
ここには何度か行っていますが、桜が満開の時期は初めてです。
ソメイヨシノの薄ピンク、枝垂れ桜の濃いピンク、山桜の白い花。
たまに雪柳や、石楠花なんかもあってすごく綺麗でした。
花びらが散り始めてて、花筏とまではいかないけれどいい感じです。

しかし、寒い。



花の器途中で入った焼き物のお店の2階にカフェがあったので、休憩。
(歩き始めたばかりでしたが)
四季の花が描かれた器が素敵です。
窓から桜も見えたし、かなり長居してしまいました。

お店から出たらやっぱり寒いので、哲学の道をまっすぐ歩きお花見終了。
人が少ないのは良かったんですけどね。
今日からの雨で、一気に散っちゃうかもしれないですね。
雑文 | Comments(3) | Trackback(0)
2006/04/07

tokyo tower 東京タワー

桜満開です。
京都には色んな桜の名所があるけど、通勤してる時に見るこの桜が1番春を感じます。
毎年、まどみちおの「さくら」という詩が頭に浮かびます。
お花見は今週末がいいでしょうね。


「きっと恋はするものじゃなくて、落ちるものなんだ」

大学生の徹は、20歳年上のセレクトショップを経営する詩史と恋に落ちる。
一方、透の友人の耕二は、人妻の喜美子と関係を持つ。
2組の恋の行方は…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(4) | Trackback(0)
2006/04/04

クラッシュ

ちょっと暖かい日が続いたら、桜はもう8分咲きです。
この雨で散ってしまわなければいいですね。


ロサンゼルスのハイウェイで起こった衝突事故。
それはただの事故だったが、その背景にはさまざまな人の生活があった。
刑事、自動車泥棒、検事とその妻、鍵屋、TVの演出家とその妻、雑貨屋の店主。
人々の想いが錯綜し、衝突する…



>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(4) | Trackback(0)
2006/04/03

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

拉致された警察機構の要人を救出したエンジェル達。
しかし、犯人の本当の狙いは彼が持っていた指輪だった。
重要機密にアクセスできる指輪を取り返すため、彼女達の新たなミッションが始まる…

>>続きを読む
映画(TV放映) | Comments(3) | Trackback(0)
2006/04/01

ブロークバック・マウンテン

1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。
職探し中に出会ったイニスとジャックは、その山で羊の放牧をすることになる。
次第に友情が芽生えた2人だが、いつしか関係が変化していく…

>>続きを読む
映画(劇場) | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。