--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/31

卯歳のまとめ

ぎりぎり大晦日で、本年の総括を。

いつも一緒に映画を見に行っていたchaguちゃんと、月に1度にしてから一気に映画館に行く回数が減ってます。
別に一人じゃ行かないわけじゃないんだけど、一人だったらDVDでもいいかなぁと思うこともあり。

今年は途中まで、この1本っていうのがなかなか登場せず。
『ブラック・スワン』とか『阪急電車』なんかは良かったけど。
前者は痛いの駄目な人にはおすすめできないし、後者は原作が大好きなので、イメージ壊さずに作ってくれて良かったっていう満足感が大で。

で、そんな中突然登場の今年のNo.1は『エンディングノート』です。
(『オペラ座の怪人』はミュージカルだし、思い入れが違い過ぎるから除く)

こんなに泣いた映画は久々だったし、今年は身近な人が元気でいてくれることに感謝する1年だったしね。
命に別状のない病気でも慌てるのに、あとわずかしか一緒にいられないと分かったらどんな風に時間を過ごせるだろう。
他人事だけど他人事じゃないというか、身近に起こりうる話なんだよね。

思えば、人とのつながり、家族の絆を描いた映画が多いし、そんな作品をたくさん見てたなぁ。
元々好きなジャンルなんでしょう。

来年はまず、はやぶさ関係2作が楽しみ。
気付けば5年を超えていたこの感想も、ぼちぼち続けていきたいと思います。

それでは良いお年を。
スポンサーサイト
映画(その他) | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/30

寅年もう終わり!?

手締めを終えて帰宅したのに、未だに年末という気がしません。
実家に帰ったらお正月気分になるかなぁ。

とはいえ、今年もあとわずか。例年のごとく総括を。

今年は江戸時代の映画が多かったですねー。
侍人気?
「龍馬伝」ヒットの影響もあるんだろうか。

あと年内最後の鑑賞作品にもなった西原さん関係。(酔いがさめたら~は、元ダンナさん原作だけど)
劇場・DVD含め、結構見た気がする。

「のだめカンタービレ 最終楽章」も2010年だけど、のだめは映画としてよりも原作が好きだからなー。
ドラマの時から実写化に成功した作品として大好きです。

「アバター」はここ数年の中では珍しく、映画館で見て良かったハリウッド大作でした(あれ?2009年のヒット作?)

で、結局今年の一番印象に残った映画は、「告白」
ストーリーはもちろん、映像も印象的だったし。何よりも松たか子という女優がすごい。
次点は予想外に感動させてくれた「今度は愛妻家」かな。

が、毎年みたく今年のナンバー1は?って思い出して、すぐに名前を挙げれるほどではなく。
今年の映画は私の中で突出した一作品があるわけではなく、全般的に印象が薄いようです。
だからって面白い映画がなかったわけではないんだけどね。

それでは年末年始は寒くなるそうだし、風邪を引かないよう気をつけて。
よいお年を。



そういえば、今年の年末は何も無くしたり壊したりしなかったぞ。
帰省する時気をつけます(笑)
映画(その他) | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/31

丑年を送る

さて、今年も映画の総括をば。

今年のNo.1は「サマー・ウォーズ」
ただしヱヴァ別格(笑)1本の映画として見てるわけじゃないし。

DVDの予約もしちゃいました。
「HACHI」では全く泣けない人間なのに、泣きそうになったからね。
大好きだ。こういう話。
家族の話だけど、残念ながら親世代には理解できないかもなぁ。

その他、面白かったなぁと思う映画は、今年もミニシアター系の邦画が多数を占めます。
ま、洋画をあんまり見てないんだから当たり前か。
「60歳のラブレター」「フィッシュストーリー」とか良かったな。
泣かせようとしてるんじゃなく、じんわり感動させるのとか、意外性のあるストーリーが好きです。

そんな中、「沈まぬ太陽」はかなり見ごたえのある大作でした。
1800円払っても、もう1度見たいと思う映画はあるけど、1000円で見て申し訳ないという感想を持つ映画って珍しいと思う。

年末はちょっと調子が悪くて全然映画見に行けなかったし、年明けどんどん行きたいものです。
…といっても、昔は月に1本見てたら多いと思ってたのにな(笑)

そういえば、この記事を書くにあたり、過去のを読み返して気づいたんだけど。

2007年、コンタクト、手袋を落とす。
2008年、コサージュ、コンタクトを落とす。PC割る。
2009年、MOVIXのポイントカード失くす。

どうも私は年末になると、なにかしら失くしたり壊したりするようです…。
気をつけて帰ろう。

それでは良いお年を。
映画(その他) | Comments(2) | Trackback(0)
2008/12/30

子年の感想は

年末ですから、今年の映画を振り返り。

ちょっと数えてみたら、年間で41本劇場に見に行っていて、そのうち25本が邦画。
やっぱ邦画(特にミニシアター系)が多いな。

明るくて軽いのとか、ゆるい映画が多いようです。
癒しを求めてるのか?(笑)

一番好きだったのは「百万円と苦虫女」だなぁ。
「アフタースクール」は期待通りに面白かったし、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」も思いかけず良かったけど。

そして、今年公開ではなかったけど、なんと言っても「ニュー・シネマ・パラダイス」を見ることができたのが幸せ。

年明け早々見たい映画がたまってるし、来年もたくさん見たいです。



とここまで、年内に書いてたのにアップし忘れてました。
今年はあまりためずにちゃんと書こう。(←ささやかな目標)

今年もよろしくお願いします。
映画(その他) | Comments(4) | Trackback(0)
2007/12/31

なんだかあっという間の1年でした

朝からまたコンタクトを無くし、電車で手袋を落とす、なんだかツイてない年の瀬です。
まぁ悪い物を落としてきたんだという言葉を信じようかな。
年の初めよかマシだし。

ギリギリになりましたが、今年の映画の感想を。

今年のナンバー1は「キサラギ」かなぁ。
もう間違いなく邦画の方が好きですw

「舞妓haaaan!!!」「それでもボクはやってない」「幸福な食卓」「転々」…
などなど記憶に残ってる面白かった映画は、ほぼ邦画。

洋モノだと、「ヘアスプレー」「善き人のためのソナタ」なんかでしょうか。

ハリウッド大作に心動かされなくなってきた今日この頃。
とはいえ、年明けには絶対「スウィーニー・トッド」に行くでしょう。

だんだん感想を書くのをサボりだした今年。
来年はもうちょっと覚えてるうちに書くようにしたいな。

それではよいお年を。

映画(その他) | Comments(4) | Trackback(0)
2006/12/30

ワンダフルな1年

年賀状を見ていたら、結構「ワンダフル」って書いてる方いたんですね。
何だか年末という気がしませんが、今日で仕事納め。

今年も1年の映画総括やっておこうと思います。

今年のナンバー1は、ダントツで「ホテル・ルワンダ」です。
見終わった後言葉が出ない衝撃。
感動したとか幸せな気分になったとかではなく、見てよかったと思った映画でした。

去年に引き続いて邦画も多かったですね。
「ゆれる」「かもめ食堂」両方好きだなぁ。
「フラガール」は泣かせ系だけど、感動できたし。
どれもミニシアターでロングランですね。

戦争映画が多かったという印象もあります。
思えば、「男たちのYAMATO」から始まってるし。
年末に向けて多かったからかなぁ。

音楽で印象に残っているのは、「RENT」「嫌われ松子の一生」「パプリカ」
前2作はミュージカルだったので当然かもしれませんが。
「パプリカ」の音楽は友人が大好きなミュージシャンの作曲なので、その刷り込みかもしれないけどw

来年は年明け早々見たい映画がいっぱいです。
大作で楽しみなのも沢山だ。

それでは良いお年を。
映画(その他) | Comments(4) | Trackback(0)
2005/12/30

コケケッコウ(結構)な1年

タイトルは年男さんの挨拶より。
三本締めで酉年を送り、本日仕事納めでした。

今年も残すところ後1日。
三条さんのリクエストにお応えして、今年観た映画の総括などをつらつらと。

DVDやTV放映は何度も観てるのとかあるので、劇場のみで選びます。
でも、このブログ始める前に観た映画は結構忘れてるんですよね。

「東京タワー」
「ネバーランド」
「オペラ座の怪人」
「オーシャンズ12」
「ロング・エンゲージメント」
「ブリジット・ジョーンズの日記 切れそうな私の12ヶ月」

くらいかな?

映画として1番強烈に印象に残ってるのは、「ミリオンダラー・ベイビー」ですね。
痛い、重い。
気軽に観ることができる話じゃなかった。
すごくよかったと勧める話じゃないけど、忘れられない映画かも。

音楽モノがお好きなら「オペラ座の怪人」「コーラス」ともにお勧めです。
オペラ座は元々好きですから、めっちゃ楽しみに待って観に行きました。
ついでにDVDも買っちゃいました。
コーラスは歌声だけでなくストーリーもよかったです。(さすが文部省推薦)
べたな話かもしれないけど、だからこその安心感があります。
そういえばこの話、どうしても観たくて1人で行ったなぁ。

いつも洋画をよく観るんですが、今年は邦画の年でしたね。
「電車男」「メゾン・ド・ヒミコ」「運命じゃない人」どれも観てよかった。
全く違ったタイプの話をあげますが、ちょっと気になる…で観に行ったのに、思った以上の面白さ。
どれもお金をかけた派手さより、ストーリーで楽しませてくれました。

明日は「あらしのよるに」も観るし、「男たちの大和 YAMATO」のただ券ももらったし、しばらく邦画ブームは続きそうです。

明日から帰省するので、年内更新はこれで最後になると思います。
皆様、よいお年を。
映画(その他) | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。